税務

領収証の保管方法は?

自分で発行した請求書や、受け取った請求書、領収証は7年間保管しておかなければなりません。他には通帳の原本や給与明細、契約書、確定申告書の控など、事業に関する書類は一式を保管しておきましょう。

領収証などの保管方法については、特に決まりはありませんが、税務署が調査に来て、提出を求められた際に、すぐに見つけられるようにしておく必要があります。ノートに日付順に貼り付けて保管する方法もよく行われています。規模が小さい場合などは、月ごとにわけてクリアファイルに保管しておけば特に問題になることはないでしょう。

領収証も量が多くなってくると整理して保管しないと見つけることが大変になってきます。あとで困らないように普段から気を付けたいですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中